Bar 蓮のかほり、ときどき居酒屋まめちゃん

今まで飲んできたお酒をご紹介。カクテルやウィスキー、ビールに日本酒など種類はなんでもあり。バーから、時々は居酒屋から美味しいお酒情報をお届けします。 そのお酒に調和する食べ物、音楽や本も一緒にお楽しみください。

2017.07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール・スリング (Singapore Sling)

『スリング』というのは、スピリッツにレモン・ジュースと甘味を加え、水またはプレーン・ソーダ、ジンジャー・エールなどで満たしたもの。
スリングの語源はドイツ語の『Schlingen(飲みこむもの)』が転訛したものだと言われています。

こちらは代表的なスリング。

『シンガポール・スリング』

シンガポール・スリング

ドライ・ジン 45ml
チェリー・ブランデー 20ml
レモン・ジュース 20ml
プレーン・ソーダ 適量

プレーン・ソーダ以外の材料をシェークして、タンブラーに注ぐ。
氷を加えて、冷やしたプレーン・ソーダを注ぎ、軽くステアする。

チェリー・ブランデーをシェークせずに、最後にグラスの底に沈めるレシピもあります。
上の画像はそのレシピですね。
こうするとまた違った良さのあるビジュアルになります。

シンガポールのラッフルズ・ホテルで誕生したカクテルです。
プレーン・ソーダではなくパイナップル・ジュースなどが入るタイプもあります。
現在のラッフルズ・ホテルのレシピはそちらだそうで、最近では『ラッフルズ・スリング』として区別する傾向にあるんだとか。

こうして変化を常に遂げていくのも、カクテルの面白さ。
文化とは変化を続けるものですが、お酒の文化も歴史や地域、偶然に満ちていて興味深いものですね。


にほんブログ村 酒ブログへ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

ジン・トニック (Gin & Tonic)

王道的な存在であり、シンプルなだけにバーテンダーの個性が出やすいカクテルだと思っているもの。

『ジン・トニック』

ジン・トニック

ドライ・ジン 45ml
トニック・ウォーター 適量

氷を入れたタンブラーにジンを注ぎ、冷やしたトニック・ウォーターで満たして軽くステアする。

至ってシンプル。
されど奥の深い飲み物。

2011年5月31日にプロのバーテンダーのための情報誌『バーテンダーズ・マガジン』という情報誌が創刊されたんですが、その記念すべき創刊号の特集と表紙がジン・トニックでした。

ジンの銘柄だけでも違いが出ますよね。
それを冷凍しておくか、冷蔵で保管しておくかでも違ってきます。
ライムは皮ごとか果汁だけか、スライスかくし形か。
はたまたライムではなくレモンだったり。
トニック・ウォーターの銘柄もありますし、グラスの形状も違います。
もちろん、ステアの仕方も人それぞれ。

本当に繊細な世界です。
そのお店のこだわりが見えるので、お店の顔でもあるかもね。

ちなみに『バーテンダーズ・マガジン』はバーテンダーの方なら無料です。
バーテンダー以外の方には1冊1300(送料、税込)円だそうで。
ちなみにバックナンバーはバーテンダーの方でも有料とのこと。
30Pの薄い冊子ですが、濃厚な世界ですよ。


にほんブログ村 酒ブログへ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

ジン・バック (Gin Buck)

スピリッツにレモン・ジュースとジンジャー・エールを加えて作るスタイルを一般的に『バック』と呼びます。
『Buck(バック)』には『Stag(雄鹿)』の意味があるんだとか。

本日はジン・ベースからこちらを。

『ジン・バック』

ジン・バック

ドライ・ジン 45ml
レモン・ジュース 20ml
ジンジャー・エール 適量

氷を入れたタンブラーにジン、レモン・ジュースを注ぐ。
冷やしたジンジャー・エールで満たし、軽くステアする。

ロンドン・バック(London Buck)とも呼ばれるそうです。
なんでロンドンなんだろ??

という疑問を抱きつつ、この曲をBGMにどうぞ。

The Clash『London Calling』



ロンドンが発祥だからか、それともロンドンのドライ・ジンを使うからか??
ちなみに私はタンカレー派でございますよ。



エッセンシャル・クラッシュエッセンシャル・クラッシュ
(2003/04/23)
ザ・クラッシュ

商品詳細を見る

にほんブログ村 酒ブログへ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

梨のデザートカクテル

ただいま相方のバーで期間限定でお出ししているカクテルです。

『梨のデザートカクテル』

梨のデザートカクテル

ジン・ベースになります。
生クリームやミルクと梨の組み合わせ。
グラスの縁を飾るのはシナモンパウダーのスノースタイル。
アクセントにはアーモンドスライスを。

相方はお酒が飲めない甘党なせいか、こういうデザートカクテルはお手の物。
クリームやミルクと梨の組み合わせって私の中にはない概念なので、興味深い・・・。

北海道の秋はなんとも儚く終わってしまうし、今が旬の梨を多くのお客様にご堪能していただきたいですねぇ。
嗚呼、あっという間に雪が降る・・・。


にほんブログ村 酒ブログへ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。


レッド・スパークル (Red Sparkle)

最近とっても気に入っているカクテル。
『レッド・スパークル』

レッドスパークル

ドライジン(ビーフィーター) 30ml
カンパリ 10ml
ルジェ・クレーム・ド・カシス 5ml
サザンカンフォート 10ml
レモンジュース 5ml
トニックウォーター 適量

トニックウォーター以外をシェークする。
コリンズグラスに入れてトニックウォーターを注ぐ。
スライスしたレモン、ライム、オレンジを飾る。

1999年ビーフィーター I.C.C. 国内大会ロング部門第1位作品。
帯広ワシントンホテルの藤谷寛子さんの作品。

ものすごくお気に入り。
もともと赤いカクテルが大好きなんですが、鮮明な赤にスライスしたライムやレモンの瑞々しさが映える。
甘いんだけどくどくない。
フルーティーだけど媚びない味。

これをすすめてくれたチーフバーテンダーYちゃんは、私がよくスプモーニを飲むのでセレクトしてくれたようです。カンパリ好きだしね。

いつも思うこと。
好きなカクテルを飲んでいるとき、「あぁ、いかにもあの人が飲むカクテルだ」と思われるくらい自然に馴染んでいたいな。
願わくば「あの人が飲むなら美味しいだろうな」って思ってくれたら凄いよね。



ビーフィーター ジン 40% 700mlビーフィーター ジン 40% 700ml
()
ビーフィーター

商品詳細を見る


カンパリ 750MLカンパリ 750ML
()
カンパリ

商品詳細を見る


ルジェ クレーム ド カシス 700mlルジェ クレーム ド カシス 700ml
()
ルジェ

商品詳細を見る


サザン・カンフォート・21% 750ml ×1本サザン・カンフォート・21% 750ml ×1本
()
サザン・カンフォート社

商品詳細を見る

にほんブログ村 酒ブログへ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

 | HOME |  »

いらっしゃいませ

今宵も素敵なお酒を。ときには音楽や文学もご用意いたしております。ごゆっくりどうぞ!

ブログ翻訳

プロフィール

Barビーンズ

Author:Barビーンズ
出身地:山形県
現住所:北海道
誕生日:9月17日
血液型:B型

調理師でありながら登録販売者として働く日本バーテンダー協会会員。
お酒との邂逅、そして食べ物や音楽、本とお酒の調和を探し求める毎日です。

多趣味をテーマにしたもう一つのブログはこちら。

『蓮のかほりの日々』

リンクフリーです。ご連絡いただければ相互リンクさせて頂きます。

最近のオーダー

ありがとうございます

ご一緒にいかがですか

現在の閲覧者数:

Welcome!!

free counters

Twitter

更新のお知らせを随時発信してます。Please follow me!!

ブログランキング

ブログランキング参加してます。 ポチッと応援お願い致します。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
3490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
338位
アクセスランキングを見る>>

Amazonベストセラー

タグクラウドとサーチ

> tags

Category Bar Graph

このブログについて

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。