Bar 蓮のかほり、ときどき居酒屋まめちゃん

今まで飲んできたお酒をご紹介。カクテルやウィスキー、ビールに日本酒など種類はなんでもあり。バーから、時々は居酒屋から美味しいお酒情報をお届けします。 そのお酒に調和する食べ物、音楽や本も一緒にお楽しみください。

2010.11 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2011.01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪国 (Yukiguni)

北海道はやっと本格的な冬到来です。

今日のカクテルはこちら『雪国』

雪国

ウオッカ 2/3
ホワイト・キュラソー 1/3
ライム・ジュース(コーディアル) 2tsp.

シェークして、砂糖のスノースタイルにしたカクテルグラスに注ぎ、ミント・チェリーを沈める。

1958年の壽屋(現サントリー)ホームカクテル・コンテスト全国大会グランプリ受賞作品。
作者は80歳を過ぎている伝説的バーテンダー井山計一氏。
山形県酒田市のお酒も飲める喫茶店『ケルン』で腕を振るう現役バーテンダーです。

私が山形生まれだから御贔屓ってわけでないんですが、このカクテルは美味しさはもちろん、美しさにおいても類を見ないと思っています。
特に沈んだミント・チェリー。これがいかにも雪国の冬の美しさ。
雪の下で芽生えの時を待つ植物のようであり、雪に埋もれる常緑樹のようであり。
荘厳な冬の中で輝く生命力がいいですね。

お味もすっきり潔く。冬の冷たさを感じるキレのいい後味。
だからこそ、口をつけたときのスノースタイルのほのかな甘さが際立ちます。
その甘美さは寒さを耐え忍ぶ北国の人々の心の温かさのようであり、厳しい寒さに健気に立ち向かう生命力のようであり。

名前の由来は川端康成の小説『雪国』
左手に小説、右手にときどきカクテル。
二つの名作『雪国』で冬を楽しまれてはいかがでしょうか。

雪国 (岩波文庫)雪国 (岩波文庫)
(2003/03/14)
川端 康成

商品詳細を見る


今日は大晦日。
みなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
来年もよい一年になりますように。そして素敵な一杯に出逢えますように。


にほんブログ村 酒ブログへ

ブログランキング参加してます。
ポチッと応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト

 | HOME |  »

いらっしゃいませ

今宵も素敵なお酒を。ときには音楽や文学もご用意いたしております。ごゆっくりどうぞ!

ブログ翻訳

プロフィール

Barビーンズ

Author:Barビーンズ
出身地:山形県
現住所:北海道
誕生日:9月17日
血液型:B型

調理師でありながら登録販売者として働く日本バーテンダー協会会員。
お酒との邂逅、そして食べ物や音楽、本とお酒の調和を探し求める毎日です。

多趣味をテーマにしたもう一つのブログはこちら。

『蓮のかほりの日々』

リンクフリーです。ご連絡いただければ相互リンクさせて頂きます。

最近のオーダー

ありがとうございます

ご一緒にいかがですか

現在の閲覧者数:

Welcome!!

free counters

Twitter

更新のお知らせを随時発信してます。Please follow me!!

ブログランキング

ブログランキング参加してます。 ポチッと応援お願い致します。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
3776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
353位
アクセスランキングを見る>>

Amazonベストセラー

タグクラウドとサーチ

> tags

Category Bar Graph

このブログについて

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。